シュールなニュースを「飛ばし」ていきます。


by over-ruled
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:国民年金 ( 1 ) タグの人気記事

この度、成人年齢が14歳に引き下げられる事になった。

以前から、「20歳が成人年齢というのは実態に即していない、有名無実」「日本の学制と合わない」などと論議の的であった成人年齢だが、この度、刑事責任年齢をもって成人とする事に決まった。

これによって、14歳以上になれば、犯罪の場合実名報道がなされる事になり、「14歳の死刑囚」というドラマが民放の5.1チャンネルで制作される事になった。

また、「見分けがつかない」という理由で、子供料金が廃止され、公共交通機関は、早くも来季の大幅黒字を発表している。

14歳になれば、タバコもお酒もオールOK、ポルノショップに入るのも、ゲームセンターで何時になっても遊んでいる事も、全て法律によって許可される事になる。

同時に、国民健康保険、国民年金に加入する事も義務づけられ、扶養家族の身分の場合、親権者に負担がかかる事になった。

また、14歳になればどんな残酷な映画でも観られるようになったため、ホラー映画界ではこの決定をもろ手を挙げて歓迎している。PTAの奥様方の目が吊り上がったままなのが何とも言えず悲しい。

また、納税の義務によって、住民税も成人として掛けられるために、働いていないこの年代の子供たちは大人たちの怨嗟の的になっている。一方では不動産を所有したり、債券を売買する14歳も出て来ており、投資熱は上がるばかりである。

この6月で14歳になった田中さん(仮名)は、
「私の年金は、『宙に浮いた年金』じゃないから安心です」
と年金を満足そうに納めて中学校に出掛けていきました。はたでは、債権者に追いまくられる加藤さん(仮名)の姿が。14歳の明と暗です。
[PR]
by over-ruled | 2007-06-05 16:49 | 社会の窓