シュールなニュースを「飛ばし」ていきます。


by over-ruled
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

居酒屋チェーン、介護事業と刑務所を運営、英会話も

この度、居酒屋チェーンを経営する、フタミは、不正が発覚した介護事業が医者「ムスコン」と英会話学校の「NEO」の買収を決定した。

「ムスコン」は介護事業を本来の福祉から逸脱した、「水商売」に変えたために摘発されたもの。元気な高齢者を連れて、銀座や北新地のバー、スナック、キャバレー、果てはフーゾクで遊ばせ、カラオケ三昧の日々を送らせて、彼らの「老化」の食い止めを図っていたが、あまりに元気な高齢者にリクエストに答えきれず、営業免許の無いバーや特殊浴場に連れていったために、業務の不正な経理操作が発覚したもの。

フタミの阿多蓋社長は、
「高齢者の方々には、せめて居酒屋程度で我慢してもらう!」と宣言、サービスを受ける高齢者の飲むアルコールは、アルコール度14%未満の酒に限らせる方針を示した。

英会話学校の「NEO」は外国人教師の教える英語が、「ブロークン・イングリッシュ」であったため、生徒が英語圏で会話をした時に不必要な誤解を受けた不祥事に端を発し、会話が速く成り過ぎた生徒、外国人になれなれしくなり過ぎた生徒、「NEO」の授業のために大学や高校の授業をサボる生徒、など、外国人教師にとって、六本木すらも「日本の中の外国」で無くならせる生徒が多くなった事に対し、提訴。この訴えが認められたもので、「NEO」は外国人教師に多大な賠償金を支払う事になったが、このために会社更生法手続を取ろうとした所、目ざといフタミの社長が買収を持ちかけ成立したもの。

フタミの阿多蓋社長は、
「英会話は、日本で話せる程度で結構。海外では通用しない方がいい」
との見解を示し、今後英会話教室の教師に、外国人はもちろん、留学経験のある日本人すら任用しないとの方針を示した。

フタミは、民営刑務所も経営する事を、法務省と認可の下に行っており、刑務所の看守が、居酒屋でバーテンをしたあと、英会話を生徒に指導する、というシフトを取る事を決定している。また、居酒屋チェーンのスタッフは、刑務所の指導員としてそのてきぱきした物事の処理が適性があるとして、刑務所で研修を受ける事になった。英会話の事業のほうは、今の所「日本人オンリーで行く」といっているが、居酒屋チェーンで既に留学生を不当に安い価格で雇っているフタミは、刑務所にも外国人を起用する予定。
[PR]
by over-ruled | 2007-06-14 13:37 | 社会の窓